FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
生きてくれてありがとうの話
鎌倉市図書館が公式ツイッターで
「もうすぐ二学期。
学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、
学校を休んで図書館へいらっしゃい。
マンガもライトノベルもあるよ。
一日いても誰も何も言わないよ。
9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、
逃げ場所に図書館も思い出してね」
とツイートして話題になっています。

アメリカではピストルを自分の頭に突きつけている男と、
たくさん積まれている本の絵の中に、下のメッセージが書かれている
ポスターが貼られていると、先日の報道ステーションで知りました。

「IF YOU FEEL LIKE SHOOTING YOURSELF DON'T.
COME TO THE LIBRARY FOR HELP INSTEAD.」
(「もし自殺したいと思っているなら、やめなさい。
そのかわりに図書館へいらっしゃい。」

全世界的に、やはり自殺は多いのでしょうか?
その時に報道ステーションでは、この10年では、アメリカの戦死者より
日本の自殺者の方が上回っているという話をしていました。

学生生活は、規則の中で、大人の決めたルールを守らされ
皆仲良くしましょうと無理難題を突き付けられ、
受験戦争の中で、ストレスもたまり、なかなか辛い時期です。

ただでさえ、窮屈で辛い生活の中、最近ではLINEで
放課後も付き合いを求められ、仲間外れにされないために無理をし
それでも、何か気に入らない事をされたと相手が思ったり、
また理由もなく、ある日突然、仲間外れにされて、無視されたり
本当に大変な時期だな~と思います。

いじめは、どんな国でも世界中で、どんな時代もあるんですよね~。
人間の性なのでしょうか・・・

9月1日は、18歳以下の自殺が一番多い日だそうです。

自分の学生時代を振り返ると、
視野が狭いし、目の前のその現実の世界がすべてで
それ以外の選択肢も考えられなくて、
その後の未来の世界が広いことも想像できなくて
その辛い経験を、後に笑って話せる日がくることなんて
夢にも思えなかったな~と思います。

先日海外のドラマを見ていたら
哲学者ギブランの次の言葉がありました。
「強い魂は苦痛から生まれ、大きな人格は無数の傷跡から生まれる」

年を重ねて、周りを見ると、恵まれて人生を送ることができて、
トントン拍子に人生を送ることができ、挫折も知らない人の中で
他人に傲慢で、冷たく、自分の事ばかりで、欲深く、幼くて小さいな~と
思う人がいます。それは、肉体年齢を重ねている人でもいます。

反対に、色んな出来事の中で、辛い状況も経て、苦労を重ねた人で
謙虚で他人に優しくて、思いやり深く、温かく、
何があってもブレずに、耐える力を持ち、大きいな~と思う人がいます。

同じ出来事や苦労を経ても、自分以外のせいにして歪む人もいますが
それを糧にして、本当に強い魂と大きな人格に育てている人がいます。

そういう魂の持ち主には、きっと神様は磨くために、苦痛を伴う現実や
相手の傷を分かるために、自分に痛みを与えるかもしれません。

人間、体験したことでしか、本当の意味ではわからない事が多いですから。
聞いたり、読んだりして、わかることもあるけれど、
実感するのは、やはり体験ですからね。

辛い思いをするような出来事に出会っているのは、
それは、あなたの魂が本当は強いから。
心が傷だらけになって、痛くて、辛くて、涙が枯れるほどに泣いていたら
それは、あなたの人格が大きいから。
乗り越えられる強さと大きさを持っているから。
神様がそれに気づかせるために、その出来事を与えているだけ。

逃げたければ、逃げればいい。
戦いたければ、戦えばいい。
辛くても、平気なふりしたければ、それでいい。
あなたを守るのは、あなた自身。
死にたいと思ったら、もう一日生きてみようと思ってほしい。

誰も言ってくれないなら、私が言おう。

生まれてきてくれてありがとう。
今日も生きてくれてありがとう。

届いてほしい、あなたに。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<傷があるから優しさがしみる?の話 | 色とこころとわたしの話 | 家族の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。