FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
幸せになる絶対条件の話
「幸せになるために、絶対必要な条件はなんだと思う?」
と、聞かれたことがあります。

んーなんだろう??・・・・と、色々と条件と思えることをあげたけど全部外れ。

答えは「不幸を体験したことのある人」でした。

なるほど!!
不幸を知らないのに、幸福がわかるわけもなく、
不幸を経験するほど、幸福を感じる感度が上がるわけです。

なぜこんなことを思い出したのかと言えば、
先日、傷つけないよう、苦労させないよう、と心を砕き
欲しいものは与えるという友達の子育てを聞いたからかもしれません。

幼い頃から色々なものを与えられ、恵まれている環境というものは
ありがたいものですし、その環境の中での経験をしに
生まれてきているのだとは思います。

だけど、つまんないだろうな~とちょっと思うのです。

欲しくても手に入らない辛さとか、
思い通りにいかない悔しさとか、
傷つけたり、自分が傷ついたり
無知から、自分自身が苦労したりetc....
っていう経験って、本当に大切なことだと思うんですよね。

「かわいい子には旅をさせ」とはよく言ったもので、
結果だけではなく、その過程とかプロセスの中の経験こそ
自分にとっての大きな宝となるものは多いと思います。

あるものが欲しいとします。
A君は、親に言ってすぐ買ってもらいます。
B君は、お小遣いやお年玉をため、新聞配達などをして
何年もかかって、購入したとします。

結果は同じ。その「もの」が手に入っただけ。
でも、プロセスは違う。
その「もの」にたどり着くまでに、B君は我慢・忍耐・勤労などを学び
その「もの」に対する愛情というか、思い入れも変わると思うのです。

フィギュアスケートの羽生結弦君が、世界歴代最高を再び塗り替え、
史上初の3連覇を達成して、全世界を驚嘆させましたが、
あるコメンテーターの人が
「彼を見ていると、正に「艱難(かんなん)汝(なんじ)を玉(たま)にす」だと思う。」
と言っていました。
(意味:人間は苦労・困難を乗り越えることによってりっぱな人物になる。)

もちろん、彼は出来すぎという位のレベルの人ですが、
喘息の持病もあり、小学校の時にはリンクが経営難で閉鎖、
その後も、東日本大震災に遭い、多くの犠牲も目のあたりにし
生活も練習の環境も、恵まれなかった経験をしているわけです。

まぁ、彼は見ていて、あまりにもすごすぎるので(苦笑)別格と思いますが、
やはり、辛い経験をすると、優しく思いやりの心がわかるようになるし
悲しい経験をすると、当たり前のことなどないと気づき、感謝できるし、
傷つけたり、傷ついたりすることで、痛みを知ることができるし、
痛みを知ることで、ありがたみや喜びを知ることもできます。

私は幼い頃から、病気がちで何度も入院したり、オペしたりもしていて
成人してからは、椎間板ヘルニアを患い、寝たきりの生活も経験してます。
だから、朝起きて、痛みなく立ち上がれることに幸せを感じれます。

「めんどくさいな」と冬は特に思うこともありますが(苦笑)
なかなか仕事がなくて困ったことも経験したので、仕事ができることを嬉しく思います。

自分が誰かによっかかりたいと思っていた時は、
不安だったり、寂しかったり、自信がなかったりしたけど
自分は自分の足で立とうと決めたら、安心できて
頼らずとも大切な人はサポートしてくれ、
自分の心が晴れた状態でいれます。

せっかくの人生、失敗を怖がらず、傷つくことを恐れず、
色んな経験をして、それを自分以外のせいにせず、
全ての自分の経験は自分と、矛先を自分に向けて、
「艱難(かんなん)汝(なんじ)を玉(たま)にす」とまではいかずとも、
「あー面白い人生じゃった」と最後は笑いたいものです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新年のご挨拶 | 色とこころとわたしの話 | 不平VS感謝の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。