FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
喜怒哀楽の話
「喜怒哀楽」っていう感情の中で、
喜と楽がポジティブでいい感情
怒と哀はネガティブで悪い感情
っていうイメージが、結構あると思います。

まぁ実際に、自分の人生が喜と楽ばっかりで、
自分の思い通りだったらいいのにな~と思います。

そしたら、悩むこともないし、毎日楽しい嬉しいばっかりで
ルンルン、ワクワクなんだろうな~とも思います。

でも、私の人生はそれこそ「山あり谷あり」で
自分の思い通りに、物事が運ぶ事は少ないわけです。

それでも、順風満帆に進んでいる人もいます。
それとは反対に、逆境が訪れる人もいます。

また、いつもニコニコで楽と喜の感情だけを大切にして
怒や哀の感情から目を背けて、蓋をしようとする人がいます。

素直に自分の感情の全てを自分のものとして、受け入れる人がいます。

人は時に厳しい試練にあうことがあります。

そういう試練にあって感じる感情も、全ての感情はやはり大切と思うのです。
神が試練を与えてくれるのは、そういう感情を体感させてくれ
その感情が、色々な事に気づかせてくれ、自分の世界を深く広くしてくれるのです。

その感情を全て受け入れる作業を繰り返す過程で、
人間、磨かれ、鍛えられ、角もとれ、丸くなり、成長できるのだと思います。

喜怒哀楽の中の、怒という感情があるから、悔しさを知り、
それをエネルギーに変えて、成長の糧にもできます。

哀という感情の中で、その辛さや悲しさで押しつぶされて
どん底の中で自我をなくした時に、大きな光を感じる事もあります。

その感情を通らなければ、気づけない、見えない、
行きつけないものもあります。

順風満帆な人生の中での天真爛漫は、
邪気がなくてとてもかわいらしいとは思いますが、

どんな逆境にあおうと、へこたれることなく、
無様に泣いたり苦しんだりしながらも、笑って立ち上がって
どんな事があても、全てが有難い(あることが難しい)と感謝して
自分の喜怒哀楽の感情全てを受け入れて、
生きていけるそんな人間になりたいですね~。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<誕生日と供養の話 | 色とこころとわたしの話 | 視点の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。