FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
人生は大変な事はある。でもいい事も悪い事もない。の話
人生は大変な事はある。

結局はその出来事の中に何を見て、何を学び、その後どう生かすか
どれだけ自分の問題としてとらえ、真摯に自分に向き合って
見つめることができるのかに、尽きるのではないかと思う。

どれだけ理不尽であっても、相手が悪かろうが、
周りの人が何と言おうが、自分に起きる事や、目の前の出来事は
その時の自分に必要だから起こっているわけだ。

ただ、自分が誰かにした陰の事が回りまわって返ってきているかもしれない。
その出来事の中に、自分が気づくべき事が秘められているかもしれない。
もし、その時見つめて、自分と向き合っても
ただ苦しいだけで、解決もしなければ、何も気づけない事も
答えのかけらさえ見つけれない事もあるかもしれない。

でも、それは自分が受け入れる準備ができていないだけで
必ずその時に向き合った事は、その後に自分に返ってきて
自分を助けてくれたり、脱皮させてくれる。

そして、次に生かした時、
それがあったからこそ今があるということになる。

また、ある人はいい事ととることが、別の人だと最悪ととる出来事もある。

何がいいか、悪いかなど、その時点では判断はできない。
後で振り返ったときの、同じ出来事が
オセロのように、あっという間にひっくり返ってしまうことはよくある。

目の前にあるのは、全て自分を映し出す鏡なだけ。
出来事だって、大嫌いな相手だって、ただ自分の鏡として見れば
自分の中にあるものしか、相手にも見えないのだから、
大嫌いな相手の情けない部分や、かっこ悪い性質は、自分の中にもあり、
出来事を×と思う根拠は、ただ自分の問題ということもある。

だから、人生は大変な事はある。
でも、いいことも、悪い事もない。
良い事にするのも、悪い事にするのも、結局は自分自身。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「生きるとは何なのか」の話 | 色とこころとわたしの話 | 人生の因果関係の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。