FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
変化の話
これから、夏が過ぎ、秋にどんどん近づいていくのですが、
実りの秋を目指して、種をまいてから季節がうつりかわるように、
人も変化するものです。

今までの自分から、新しい自分へ変わっていくとき、
渦中の自分は、何が起こっているか
どんな変化の途中かを、掴めていないことがままあります。

たくさんの荷物を持っていたら、新しい扉が開けないように
何か荷物を降ろしたり、手放すことが必要なこともあります。
また、新たに受け入れることが必要なこともあります。

どちらにしても、新しい自分になっていくとき
今の自分と対峙して、今の自分を知ることが必要になり
今の自分との対話がなければ、
新しい自分への手がかりやきっかけは掴めないものです。

自分の心だから、わかっていると思っていても、
外側からの声ばかりに耳を傾けていて、
自分の心の声や、感情からの奥深くからの自分の気持ちを、
無視したり、理性というもので蓋をしてしまい
実際、自分の心や、自分を掴めていないことはよくあります。

夏の花が散って、実りの秋を迎え、葉が散って冬になるように、
季節のうつりかわりには、ある種の「分解」が起こります。

新しい自分になるときには、
古い自分の構造を知って、それを分解する作業が
必要な時期があると思います。

ある時は自分の価値観を壊したり、
小さい頃から自然に持たされた世界観を捨てたり、
他人の意思を自分のものとして取り込んでいるものを見直したり
古い自分をぶち壊していく作業などのそんな分解を経て、
変化をとげていくのだろうと思います。

その中で、どうしても捨てきれない想いや、
蓋をしていた自分の願いに気づいたり、
今は、過去と未来の中間地点であり、結び目ですが、
過去のこだわりや、諦めきれない想いが
未来に向かって動きだすきっかけになることもあるでしょう。

また分解の作業を懸命に励んだあと、ほっとゆるんだ時に
本当に変えなければならないことは何なのかが
あらわれてくるかもしれません。

答えを頭で考えたり、外にみつけようとしてしまいますが、
自分の答えは、自分の中にしかありませんし、
自分の幸せは、自分のこころでしか感じれないものです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<言葉の話 | 色とこころとわたしの話 | 想いの強さの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。