FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ご先祖様のありがたさの話
昨日というか、今朝というか、とても生々しい夢を見ました。
今は亡き父が夢に出てきて、お金をくれるのです。

父が亡くなって夢に出てきたのは初めてで、
何回かにわけてくれる、その金額もしっかり覚えていて
賭け事もしないし、宝くじも買ってないし、何だろうな~と思っていました。

今日仕事で思いがけない打診があり、一年の収入で考えたら
ちょうどその夢の回数その金額がプラスされるなというお話でした。
前例がないと言われていましたが、なかなかない良い条件の話でした。

やはりご先祖はありがたいものです。
最近は、「墓じまい」とか、色々と先祖供養を放棄するような事が
よくテレビで報道されますが、不思議で仕方ありません。

どんなパワースポットより、神社より、何より
ご先祖様を大切にして、供養すればするほど、
ダイレクトに、見返りなく自分に色々な事で返ってきます。

我が家は、祖父の時代に菩提寺と切れていたので、
その前、その間、その後と比較できるので、とてもよくわかります。

菩提寺と縁深く、熱心に供養していた時は、
蔵を2つ所有する地元でもかなり裕福な家でした。
家族親族の仲もよく、大人数で楽しそうに食事をしていたり
仲睦まじく和気藹々としていた写真が残っています。

菩提寺と切れていた数十年は、健康、金銭、人間関係
全てがそれはそれはひどいもので、思いがけない不幸が
これでもか!これでもか!と襲いかかりました。

私自身も、5回以上は入院していますし、家族はそれ以上です。
大金を失うような出来事や、金銭的な争い、仕事の問題、家族の争いや離婚、
家族皆それぞれに交通事故にあうなど、問題が次々と降りかかってきました。
祖父母や両親が、親類と土地の利権で裁判沙汰になったこともあります。
ストレスで鬱になり自殺未遂を繰り返し、その後難病になった母を、
自分もそれぞれに病気を抱える他の家族で支え、介護する時期もありました。

両親が他界したタイミングで、菩提寺と縁を結び直させていただき
一つ一つ教えてもらいながら、できる限りの供養をして
10年以上になりますが、全く違います。
地獄の状況から、普通の状況になったという感じです。

健康面、人間関係、仕事、金銭、また自分の幸福感。。。
全てが、どんどん変わってきています。

「あー幸せ。今が人生で一番幸せ~。」としみじみと言っては、
よくパートナーに爆笑されますが、
菩提寺のご住職ではない、全然違う宗派のお偉い方?にお会いした際に
「ご先祖様方に、とても護られて愛されている方ですね~。」
と言われた事がありますが、自分でも本当にそう思います。
たまに、気持ちを入れて仏壇に向かって拝んでいると
大きな愛と優しさを実感して、うれし涙が出ることがあります。

私は8代目で、お墓詣りに行くと、山奥に20基近くあるので
本当にお墓掃除は軽く2時間はかかるし、色んな虫はいるし大変ですが
お正月、お彼岸、お盆、此の世で会った事のある方の命日には
必ず、お墓に行き、全てのお墓掃除をして、お墓詣りをしています。

最初は、いっぱい蚊には刺されるわ、顔が蜘蛛の巣だらけになるわ、
転んで泥だらけになるわ、掃除しても1ヶ月後には、笹の葉だらけ、
ヒノキの枝だらけ、たまに竹が何メートルも伸びていたりして、
「マジか。何で私がこんな事しなきゃいけないんだ!!」と思っていました。

でも、掃除して、お花やお供えものを供えて、お線香の香りの中、
全体を見ると、心をうまく言葉にできませんが、きてよかったと思えるのです。

また毎日、少し早めに起きて、お仏壇のお世話をしています。
型だけでなく、感謝の気持ちで手を合わせると、最初はあくびばかり出てましたが、
最近は何ともいえないあったかいものを感じて、うれし涙が出ることもあります。

私の家はとても反応が早くわかりやすく、
家によっては何代も後に、先祖供養の影響がでるのだろうと思いますが、
せっかくご先祖様のご供養ができるのに、それを自ら手放す人を見ると、
もったいなさすぎて、本当に無知で気の毒な人と思ってしまいます。

自分を木に例えるなら、ご先祖は根っこ。
根っこに栄養を与えれば与えるほど(供養をすればするほど)
木は大きく豊かになるというのに、それを放棄するなんて。

根っこが細れば、木は枯れてしまいます。

他の神仏は見返りを求めますが、見返りを求めないのはご先祖様だけ。
親が子に対してする事に見返りがないのと同じ。
でも、親でないものが、子に対してすることに見返りを求めたら・・・
それはすごい見返りを要求されますよね。

ご先祖様、大好きです。ありがとうございます。感謝しかありません。
ご先祖様方の代表で此の世にいるのが、私みたいなもんで申し訳ありませんが、
お護りいただきありがとうございます。お陰様で本当に幸せです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<田舎の年寄りの話 | 色とこころとわたしの話 | 言葉の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。