FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
田舎の年寄りの話
自分の仕事とは全く関係ないのですが・・・
パートナーの仕事の別事業としての企画が浮かんでしまい・・・
「高齢者の、高齢者による、高齢者の為のビジネス案」
の企画書を今日ノリノリで作成していました。

内容は公表できませんが、自画自賛が激しく(笑)
「これって本当にいいと思うんだけどな~」と思い
マジのプレゼンをパートナーにして、
彼も結構本気で耳を傾けてくれています。

彼は、ビジネスとして、導入にかかる資金の計算や
実際の経費や利益の計算をしている中、

「人間はきっと誰でも人の為に役立つことが、
大きな喜びになる生き物だと思う。

年を重ねると、どんどんできなくなることが増えるのも事実。
それは不能になることではない。
できることはある、役立つことがあるわけで、
その場所が与えれらることは幸せな事だと思う。

此の世では体験ほど貴重なものはないから
色んな経験を積んだ方がそれを活かす場所を与えられ、
そのことで喜ぶ方がいるということは幸せだよね~。
その場所を作ってほしいわ~」

何て理想論を論じながら・・・
彼には理論も必要と思い、コンセプトから始まり、
ターゲット、そのビジネスプランのメリット、デメリットと
戦略案を6つほど記載した企画案を作成し、彼に提出しました。

高齢者を活かし、高齢者の喜びにつながる
高齢者の高齢者による高齢者の為の場所を
本当に彼が創ってくれないかと、本気で心から願っています。

田舎の年寄りは、自然と対峙しているからか
言葉も汚かったり、恰好も野良着で、方言ばりばりなのですが
本当に心が深くて、とても聡明で、温かくて優しい人が多いんです。

私も今までの人生の中で、色々な人と出会っていて、
たくさんの本を出版されているメンタルコーチングの方と食事したり、
テレビやメディアによく出演されている先生と言われる方や
すごい力があるというご住職や拝み手の方に、可愛がってもらったり、
こころの勉強会やカウンセリングを通して、本当に色々教えてくれた方など
色々な出逢いがあって、皆すごい方だったんですが・・・
結局心に響いた言葉をくれた人は、
地元の、名も知られていない、田舎の年寄りなんですよね~。

肩書きも資格も何もない、隣のいっつも畑仕事してるおばあちゃんとか
汚い作業着で、田圃をひいてるおじちゃんの言葉が一番心に残ってるんです。

お父さんが亡くなった時一番に来てくれた、隣の90歳過ぎのおばあちゃんの言葉

「何でかな~。ええ事の前には絶対に悪いことが起きるんじゃ。
長いこと生きとるけど、やまん雨は見たことがね~。
辛い時は泣きゃええ。でも泣き止んだら、上を向いて生きんといけん。
雨の後の虹は下向いとったら見えんけんな~。
わしゃ親孝行しとる人が不幸になったのを見たことがないけん。
絶対○○ちゃんは幸せになるけ~心配せんでええ。」

父が亡くなり、遺品の農機具の数々を前に途方にくれていたら
査定から販売までを、全てを無償でしてくれたおじさんが
本当は自分がその農機具の一つを欲しかった事をポロっと言い
形見分けでもらってもらいたかったと言った私に言った言葉

「わしが欲しいというたら、あんたは絶対にお金を受け取ってくれんのが
わかっとるから、わしゃーよう言わんかったんよ。
人が困った時に、それにつけこんで得しようとする人間はくさった人間なんじゃ。
わしゃーそんな人間には絶対になりとうね~。」

何て不器用な・・・と思いつつ、何と誇り高い人だろうと思いました。

無償の愛と思いやりで、本当に私自身が人生で一番辛かった時に
温かい手を差し伸べてくれた近所の年寄りの方々には
今でも深く感謝の思いがいっぱいなのです。

そんな年寄りを思い出す時に、リンクして思い出す本があります。
色々な本を読みましたが、私の好きな本はやっぱり「イワンのばか」です。

幼少期に読み、ずっと心の中で生き続けている本です。

先日、ホセ・ムヒカ氏の言葉を紹介しましたが、
「イワンのばか」と通じる言葉だな~と思うのは、
「世界が物とお金と資源で溢れているなか、人に車を貸すことを惜しみ
貧乏人に手を差し伸べず、野良犬にご飯もあげないような
こんなにもセコい世界は他にあるのでしょうか。神様に謝りたい。」

イワンもホセ・ムヒカも素晴らしい、本当に尊敬する人です。
田舎のおじいやおばあも本当に尊敬します。
昔は田舎に生まれ育つ事が嫌で嫌で呪いましたが(苦笑)
今になると、そんな環境で育ったことが誇りに感じます。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<陰徳と陽徳の話 | 色とこころとわたしの話 | ご先祖様のありがたさの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。