FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「だまされたとは、なんと恥ずかしい言葉であろう」の話
自分が相手にした事よりも、相手にされた事に、
敏感になっていて、それに照準を合わせ易いからか
記憶にも、自分がした事よりされた事が残りやすい。

だから、ある出来事があって、
被害を受けたと思っている方は覚えているけど、
それをした方は全然記憶にない事がよくある。

自分の事より、他者の方にどれだけ焦点を合わせているか・・・

毎日、色んな事件が起こり、テレビで報道される際に
その時の情報だけを伝えるのではなく、
コメンテーターという方達がズラッと並び、
専門分野でもない事柄であっても、
それぞれに自分の意見や批判などのコメントを言っている。

自分の好きなタレントさんや、好きな報道番組を見て
それぞれの意見を聞くのは、面白いけど、
自分の人生にこれをしてしまうのは、危険だと思う。

「人のふり見て我がふり直せ」
ということわざのように、他人の出来事で、
自分が体験していない事でも、その中に気づきや学びを見つけ
それを自分の人生に落とし込み、反映させるのはいいと思うけど・・・

日々、他者ばかりに焦点をあて、批評家になってジャッジばかりして、
その考えが癖になれば、自分に起こる出来事に対しても
自分がした事には目を向けず、何をされたかばかりに敏感になり
他人へ対して焦点を向けてしまうような状況になると思う。

結局は、どれだけジャッジしても、他人を変えることはできないし、
自分の前の出来事は、自分が必要としていることを、自分が引き寄せているだけで、
自分がしていることやパターンなどを観察して、その中の気づくべき事に気づくか
自分が変わるしか、目の前の状況は全然変わらないし、同じパターンが続く。

以前、私自身、お金を貸して返ってこないということがあった。
その時は、善意で貸したのに騙された!!と怒り心頭で
それも結構な額だったので、悔しくて悔しくて、
自分が情けなくて情けなくて、相手を怨む気持ちが強かった。

当時、数人にそのことを相談したのだが、1人を除いて、
訴えてでも絶対お金を奪い返さないといけないと、
色々と方法を調べてくれる人もいた。

怨みの気持ちで、自分の内側がいっぱいになって苦しい中、
ずっとそのことばかりを考えていた時、次の答えを見つけた。

「相手を怨んで、私が相手に手を下すことはないんだ。
相手は、私が報復しなくても、廻りまわって自分にかえるし、
私は、相手のお陰で、自分のこれまでの「因」の「悪」を
今「果」として受けて、これで帳消しになったんだ。」

冷静になって、お金を貸した時の自分を見つめ直した時に
善意という建前の裏に、相手に気に入られたいとか
頼まれたら断れない自分の心の弱さなどの本音を見つけた。

「だまされたとは、なんと恥ずかしい言葉であろう。伊丹万作」
この言葉が、身に染みた自分の過去の出来事だ。

相談した時、一人だけ返してもらえと言わなかった人が今でも友達だ。

「困ってる人の役立つことできたなら、それでよかったじゃない。
返せるならその人も返してるだろうけど、きっとお金ないんだよ。
もうあげたと思って、そのお金の事は忘れたらいいじゃない。
元気で仕事もあるんだし、働けばお金は入ってくるよ。」

その時は、他人事だからそんな事言えるんだっ!!って
腹立ててたけど(笑)、その通りだなと思う。

その苦しんだ末に、答えを見つけた時、天は天才だと思った。

自分の因果のテーマと、その家系、家族1人1人のテーマが
見事に合致していて、それに自分の出会う人々が絡まり
その自分、家族、家系、相手との関係の因果関係の問題に対して、
見事にお互いに影響しながら、自分のテーマと向き合うようになっており、
それに気づいたり、受けたりすることで解消できたり、成長できるよう
すごい入り組んだ、うまいプログラムが組んであると思ったのだ。

相手の事は相手にまかせて、自分は自分の心を監視することが必要だ。
今の自分の心、言動、行動の結果が未来であり、、
今の出来事は、過去の自分の「因」の結果だから、
苦しむ事で帳消しにするか、それ以上の「善」で相殺するかしかない。

悪人ばかりが栄える此の世であっても、それに惑わされず
どれだけ、自分が天のプログラムに沿って、
どれだけステージをクリアできるかが
隠された自分の本当の生きる意味なのかもしれない。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<危険な香りの話 | 色とこころとわたしの話 | 運の良い悪いの条件の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。