FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
危険な香りの話
秋を通り越して、冬に突入~!!という感じの気候ですね。
忙しかった10月が終わり、11月に入ると早くも冬の到来って感じで、
早々にこたつを出し、推定年齢22歳の愛猫とまったりしています。

冬は寒い分、部屋やお風呂の暖かさや、ふとんのぬくもりに
とても幸せを感じる事のできる季節です。

最近「香害」に悩まされていました。

仕事関係の人が、急にきつい香りをさせるようになり、
吐き気を伴う気持ち悪さと、頭痛がひどく、鼻炎、湿疹等の症状が出て
何度も控えてほしいとお願いしたものの、
「香水はつけていません。」との一点張りで、本当にまいりました。

結局、平行線のままでしたが、きっと香り付きの柔軟剤だと思います。
あまりにも私が体調不良になり、このままでは仕事は続けられないと
その人と物理的に距離をとることで、とりあえずは解決しましたが、
香りって危険だな~とつくづく思いました。

アロマセラピーの資格取得の際に、植物の精油について
色々学びましたが、成分により効能もあれば、
高血圧などの病気の方や、妊婦の方には使用禁止の精油もありました。

匂いでこれほど苦しむものかと痛感するほどに患い
本当に辛い日々を送りました。
特に空腹になると、気持ち悪さが倍増されて、最悪でした。

でも香りって、目に見えないし、
人それぞれ好みもわかれるものでもあり、
自分が好きでも他者にとっては不快なものや、
相手によっては心身の状態を悪化させるので
自分も気を付けなければと本当に思いました。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚と、感覚は色々ありますが、
嗅覚は、大脳辺縁系に直接作用します。

スニッファー嗅覚捜査官というドラマの中でも説明していましたが、
大脳辺縁系は、原始爬虫類脳とも言われる脳の最も古い部位のひとつです。

進化論的にいうと、嗅覚は視覚・聴覚よりも早期に発達した感覚で
匂いは「それは何か?」と認識より前に、好き嫌い、快不快など
その匂いに関連した記憶を思い出すように、刺激が新皮質をスルーして
直接大脳辺縁系へ伝えられる分、心や身体を調節する分野の
情動・記憶・内分泌系・自律神経系に関与すると言われます。

なので、その部分の低下の認知症や総合失調症にも
アロマセラピーを利用するケースもあると聞きました。
このあたりは、アロマセラピーの試験前に、よく勉強しました(笑)

柔軟剤は、化学物質の成分が呼吸とともに入り込むので、
それが体内に蓄積されて、色々な症状が出てくるのでしょう。

最近は、色んな柔軟剤が出て、CMもよくしていますが、
自分1人で楽しむのであればいいけれど、他者がいる場に行く時には、
自分にとっていい香りと感じていても、気を付けた方がいいですね。
気づかないうちに、「香害人間」になっているかも・・・・

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<年齢の話 | 色とこころとわたしの話 | 「だまされたとは、なんと恥ずかしい言葉であろう」の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。