色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
「人の振り見て我が振り直せ」の話
「クソッ」「ちくしょ~」というのが口癖の人がいる。

自分の思い通りにいかないと、
意識的か、無意識かは不明だけど、
「くそっ」
「ちくしょー」
を連発している。

私から見るとその人の仕事を始め全てがとても「雑」で
良かれと思って言うと、逆切れするか、笑ってごまかすか、
場合によってはセクハラ発言をされるので、言わなくなった。

50代のいわゆる「バブル世代」の男性だけど、
自分の能力以上に、とてもプライドが高く
基本的に短気で、人を追い込むような話し方をしたり
イライラと相手を責めるような話し方をするので、
誰もその人に対して注意や指摘をしなくなった。

実際に、叱責や指摘をされても、他人のせいにしたり
裏で、ずっとその人の悪口を言いまわったりするので
周りは完全に見放しているという状態なのだが、
本人一人そのことに気づいていない。

その人を見ると「裸の王様」を思い出す。

自分を振り返らず、反省せず、
自分の問題を相手の問題にすり替えて
自分の気持ちのコントロールもできず、
周りに見放されていることにも気づかず
運が離れていき、苦労が続く・・・

「気づきなさい」というメッセージに気づかないから
気づくまで、出来事は色んな方向からやってくるけど
気づかず「クソっ」「ちくしょ~」が続く・・・

関わりあいたくはないが、
かわいそうな人だな~とつくづく思う。

大した壁にもぶつかることなく、
無能でも、仕事に困ることなく、
大きく注意されることもなく、
成長せずとも、誰かのせいにして
今までの人生送れてきたのだな。

自分の人生の責任は結局自分が負うもの
今までのマイナスが、自分に跳ね返ってきてないなら
それはそれは怖いこと。

結局はすべて自分と思わないと
前には進まないし、成長もないんだな~と
その人に教えてもらっている気がする。

肉体の年齢で、人を測る人がいるけれど。
実際は肉体より、精神年齢や、内面の成長の度合いと思う。

その人をみるたびに
「みっともない」
「恥ずかしい」
と思えることで
自分は
「みっともなくないか」
「恥ずかしくないか」
と振り返るきっかけをくれるので、
それはそれで「感謝」なのかもしれない。

こんな「愚かな人」にはなりたくないと
心の底から思える(笑)反面教師。

「人の振り見て我が振り直せ」
昔の人はいい事言う。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。




スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自尊心の話 | 色とこころとわたしの話 | 運の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |