FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
不幸の後には笑いありの話
私は、不幸に見舞われた時、人に話せなくなりました。
それを乗り越えた時、カラッと笑えるようになりました。

中途半端だったり、自業自得だったり、甘えがあった時は
「悲劇のヒロイン」ばりに、暗~く、うじうじ、メソメソと、
しつこく友人知人に聞いてもらってました。

私の場合、不幸に見舞われた時は、
息つく暇もない位、次々と色々な事が起こりました。

家族の問題や病気、金銭的な事や恋愛、
人間関係などのトラブルが立て続き、
当時は自分が原因ではないのに、
「なぜこんな目に合わないといけないのか。
こんなに辛い思いをするほど、今生で私は悪いことをしていない。」
と思っていました。

でも、自分の気持ちなど考えることより、
日々することが増えていき
目の前の出来事に対して、自分が何ができるか
家族の為に今自分が役立てることを考えるようになり
それにエネルギーを使っていくうちに、どんどん無私の状態になり、
自分ではどうしようもない事の中で、自分の無力さを痛感して、
自我や依存心もどんどん消えていったような気がします。

結果は自分の思い通りのハッピーエンドにはならず、
自分の愛する人や、家族が次々と此の世を去り、
金銭が自分の元から消え去り、仕事も辞め、
友達を含む人間関係は整理して、
プライベートで会う人の数は一気に減りました。

それらの出来事の時期から数年、
自分の中に飲み込んで、消化吸収して
経験値にするまでは時間も必要でしたし、
流した涙や、苦しみもありました。

自分から、色んなものがなくなって
さぁどうやって生きていこうかと思った時、
笑ってしまった事があります。

不幸の後はこんな風に笑えるんだと思いました。

自分ができることは全部やり切ったし、
こんなに努力をしたことないというほど頑張ったから
結果は自分の想い通りではなかったけど、悔いはなく
その時の経験から、自分の内側にどっしりとあった
「自己防衛」「私利私欲」「承認欲求」「自己顕示欲」etc..も
手放さざるを得ず、笑うしかなかったのかもしれません

人生は大変な事も多いし、辛いこともあるけど、
だからたまに起こるご褒美みたいな出来事に感動するし
目線を変えると、日々の小さな事でも笑えることが多いものです。

本当の不幸に直面すると、
その反対の幸せがわかって
それを感じやすい体質になり、
笑える事が増えるのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<どの視点でどう生きる?話 | 色とこころとわたしの話 | 自尊心の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。