FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
阪神、淡路大震災の話
阪神、淡路大震災から今日で23年。
この大震災の数か月前まで、神戸に住んでいました。

親戚や友人、その当時の仕事関係の人達は被災して
家族を亡くした人や、家を失くした人もいました。

テレビで最初に見た映像が、よく行っていた商店街だったのを
よく覚えています。

23年。
時間とともに、心の痛みが和らいでいくようでもあり
決して忘れられない記憶とともに生きている人
それをきっかけに色々な変化があった人
たくさんの人生に影響を与えたあの日から23年。

人は幸せな時には、幸せを感じる心を忘れがちになり
「当たり前」と思ってしまい、感謝の気持ちも薄らぎます。

でも、日々の毎日な生活、当たり前の何事もない平凡と思える
そんな日がどれほど幸せで、有難いことか。
失くして実感する前に、目の前にある時に感じれるようになりたい。

最初にこの幸せということの意味を感じさせてくれたのが
私にとってこの出来事でした。

当たり前のことなんて、何一つない。
明日どうなるかなんて誰もわからない。

ただ、今目の前にあることが真実。
その現実の中に自分がいることが真実。
その中で何を見て何を感じるか、
それの連続で、自分の人生が紡がれていく。

今日という平凡と思える日を生きれること
これこそが本当に幸せなことなのだと実感します。

被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<節分の話 | 色とこころとわたしの話 | 陰と陽の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。