色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
しあわせに続く一あしの話
6月17日早朝
愛猫のあやさんが永眠しました。

私は23年一緒に過ごしたと思うのですが、兄は22年といい、
最初出逢った時は既に成猫で、病院で1歳位といわれたので
どちらにしても、20年以上頑張って此の世にいてくれました。

人間であれば生まれて成人する期間です。

色々と思い出があります。
内弁慶で感情豊かによくおしゃべりする子でした。
友達には変わった猫と言われていました。

「猫は毛皮を変えて帰ってくる」 と言われる事を知り
「帰って来い!!」って祈ってしまいます。

最後のわがままっぷりを見ると(苦笑)
まだ輪廻転生からの解脱はなしと思うので
また会えると信じて毎日を過ごしています。

そんな中・・・
最近立て続けに何度も見たり聞いたりした言葉があります。

宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」の一説

「なにがしあわせかわからないです。
ほんとうにどんなつらいことでも、
それがただしいみちを
進む中でのできごとなら、
峠の上りも下りもみんな
ほんとうの幸福に近づく一あしずつですから」

悲しみの涙に溺れそうになるほど
とてもつらいことがあっても、
そこで終わりではないから、
これから続く道のりの中
この出来事がどのようにつながり
自分に何をもたらすかはわからないから
そして、点と点を結んだ先に何が起こり
自分が何を思うかを楽しみに
ただしく進んでいこうと思います

人間と動物は此の世を去ってからの道のりが違うから、
残された人がすることも違ってくると、昔の人は言います。

亡くなった人を思い出して供養をすれば、追い風が吹き
亡くなった動物は思い出し供養をすれば、向かい風が吹くと、、

だから人間の家族の供養はしっかりするけど、
家族の中でも、あやさん(猫) とケント(犬)は供養をしません。
大好きだから、したくてもしません。

火葬して、墓地の敷地外に埋葬しているケントの横に
あやさんを埋葬してしゃもじを立て、
ケントに面倒をお願いしました。

ケントはゴールデンレトリバーの男の子で大きかったので
あやさんは一緒に何年か暮らしたものの、
怖がって一切仲良くなりませんでしたが(苦笑)
辛抱強く優しいケントが、わがまま娘のあやさんを
しっかりサポートして導いてくれると信じています。

悲しいということは、それだけ愛情があった証であり
悲しみが深いほど、愛も深いということ。
なかなか自分の内の愛をいつも意識して感じられないけど
こういうときに痛感させられますね。

つらいものは辛いから思い切り泣くけれど、
自分の心に正直に、素直に、正しいと思う道を
これから真摯に歩んでいこうと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 | 最近の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |