FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
幸せって?愛って?の話
あけましておめでとうございます。
お正月も、旧正月も、全部含めて・・・(苦笑)

また、3月6日(奇しくも私の誕生日でした)に、
7年ぶりに天王星が移動して、新しい時代の幕開けです。

詳しくはこちら→筋トレ

同じ読みの天皇(天王星の天王ね)陛下も今年退位され
皇太子様が新天皇に即位され、元号も変わります。

今年は大きな時代の節目を迎えるのだな~と感じます。

個人的にも、仕事や人間関係も変わり、
無意識のうちに流れに沿ってた・・・と思っています。

昨日時間潰しに本屋さんに立ち寄り、パラパラっと
樹木希林さんの本を見ました。
 ↓↓↓
『樹木希林 120の遺言』(宝島社、2019年1月28日刊)

パラパラっとめくっただけですが、その感想は

結局は自分の事はしっかり自分が向き合い自分で考え決める事。

どうせしんどい思いするのであれば、その中から
自分が何か気が付かなきゃもったいない。

これは〇、これは×って決めつけずに、すべての感情や
出来事をそのまま受け止めて、俯瞰から自分を面白がれたらいいな。
って思いました。

それから年の重ね方について、考え方が似てるなって嬉しかったです。

先日誕生日を迎えたんですけど、体力は落ちるし
どんどん体もガタはくるし、外見も老けていくんだけど
年を重ねていく事が嬉しくて、どんどん楽になっていって
幸福感が年と共にどんどん増えていくって感覚なんです。

年とともに欲が減ってきて、在るものを有難いって思えて
周りの友達は皆結婚してる中で一人シングルなので
全然周りと比較もしなくなったら、自分を見つめるようになって
自分らしくいられるようになっていってるからかもしれません。

孤独って大切ですよ。
雑音がない中で自分と対峙できますから。

一人で寂しくないかって聞かれる事がありましたけど、
一人でも二人でも何人一緒にいようが寂しいものは寂しいですから。

それに幸せなんて人によってそれぞれですから。

昔カウンセリングしていた時、
お金持ちのご主人と可愛い子供、素敵なマイホームがあり
傍から見たら不自由もなく何が不満なんだろうと思っても、
本人は辛いと思っていたり、
反対に、親の事業失敗で生活が一変して、両親が離婚して
母親に問題があり、職場もひどく、さぞ辛かろうと思ったら
私の手料理を食べながら「美味しい。幸せ。」って
いい笑顔で自分の好きな事や夢を楽しそうに話していて
幸せって本当なんなんだろうって思いました。

私自身も、きっと周りの評価と、自分の内の幸せ感は全然違って、
違うどころか状況的には反比例してるんじゃないかと思います。

「幸せ」は他人に決めてもらうものじゃないって事ですね。
また見つけるものでもなく、感じるものなんですよね。

年を重ねると、自分の思い通りにできない事があっても
大きな力というか自分の魂の願いというか
そういうものに沿っていないんだな~と流れに逆らわないようになりました。

大きな力というか自分の魂にはいつもつながっているのに、
こちらの状況で、曇っていたら見えなかったり感じられなくて
こっちがクリアにしたら見えたり感じるようになるんだって思います。

今までの人生の中で、今から振り返ると回り道したなとか
本当何やってたんだって思う事もありますが、後悔はないんですよね。
だって、その時の自分が一生懸命考えて選択した事だから。
その経験や流れがあって、今の自分がいると思えば
全ての経験や、その時その時の自分を抱きしめて愛でたくなります。

でも一つ法則があるとすると、自分がアウトプットしたものが返ってきてる。
それは言葉や行動だけじゃなく、その時の想いや願いや全部。
その時の想いが、恐怖と愛のどちらから出たものかによっても
その後返ってくる事は違うって思います。

また、変化って蛹から蝶になるように
目に見えない世界や自分の中で、無意識にでも準備したり溜めたものが、
ある日突然パッと現実の変化として起こるって感じがします。

人生の変化も、人の成長も、出来事もすべて、坂道じゃなく階段方式(笑)
一生変わんないって思ってたら、ある日突然ヒョイって変わる。

だから、流れに沿って、目の前の事を一生懸命して、自然体で
他人じゃなく自分を見て、面白がりながら今を見て生きていこう。

またせっかくの人生だから、
自分のしたい事はした方がいい。
伝えたい事は伝えた方がいい。
何もなければ目の前にきた事はした方がいい。
って思います。

頭で考えるのとしてみるのは全然違うから。
体験することは大切。

失敗したら、「さぁこれからだ」ってまた始めればいいだけだし。
失敗した事ない人は魅力がないし。

好かれたい気持ちって誰でもあると思うけど、
私は愛されるより、自分が愛す方が絶対に幸せって思います。

よく女の人で「愛される方が幸せ」っていう人がいるけど、
それってどうやって感じるんだろ?
だって自分の中の「愛」はダイレクトに自分が感じれるわけでしょ。

感情を言葉に現すのは難しいから、
「愛」って言葉はひとくくりに色んな感情のワードとして使われるけど
きっと勘違いの「愛」も多いんじゃないかって思うんです。

基本「愛」って求めるものではなく、アウトプットだと私は思うんです。
「愛」って、ある意味自分という存在はなくなって、対象の幸せを願う事。

自己満足の世界でもあり、深ければ深いほど喜怒哀楽の感情も伴うもので
基本的に自分が対象の為に何ができるか、何を想うかということ。

対象の喜びを共に喜びたい。
辛い悲しい事があれば癒したい。
対象の為に出来ることをしたい。
でも出来る事って所詮限りがあるもので
できない無力感を感じながら、せめてその時は祈りたい。支えたい。
というような事だと思うんですよ。

綺麗事って思われるかもしれないけど、純粋に対象を愛すると、
自分の内が何ともいえない幸福感で満たされるんですよね。
あー感覚の事を言葉にできない事が辛い(苦笑)

その愛が相手に受け入れられなかったとしても、
そのアウトプットしたものは、巡りめぐって自分に返ってきます。

愛って崇高な所ばかりじゃなく、ドロドロしたもっと人間臭い
愛ゆえの色んな感情が蠢いて、愛憎入り交じる事もあると思うのですが、
押し付けたり、求めたり、束縛したり、見返りを期待したり
自分の思い通りにしたいって気持ちは、対象への愛ではなく、
きっと自分への愛だったり、承認欲求だったり
「愛」と勘違いしているだけの別の感情だと思います。

愛って頭で考えるものではなく、内から湧き上がるものですしね。

愛する対象がいる人は、それこそが幸せな事です。
もし、そのような対象がいなければ、他の事を一生懸命しながら
心をクリアにしていると「ときめき」と共に訪れると思います。

色んな意味で、スタートの今年。
新たなスタートをきる人も、変化がある人も
状況が変わらなくても、自分の中の変化がある人も、
色々だと思いますが、幸せで愛の溢れる年になればいいなと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<愛②の話 | 色とこころとわたしの話 | 転職しますの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |