FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
動く時と止まる時
変化を恐れる人がいる。
皆慣れ親しんだ場所にいる事は居心地がいいし、
新たな世界に踏み出す時は恐怖に打ち勝つ勇気が必要な場合もあるのかもしれない。

ただ、この世の法則には
変わっていくという事だけが変わらない事実がある

今日、昔販売の仕事をしていた時知り合った、仲良い友達から電話があった。
百貨店の婦人服売り場で、17年間ブランドの店長として勤めている友達だ。

一昨年結婚して、だんなさんから仕事を辞めて家にいて欲しいと言われ、
ブランドがスクラップされるのを機に、一時は辞める方向にいきかけたが、
続けたいと、その後もブランドを変わりながらも、仕事を頑張っていたが、
結局来週で辞める事になったそうだ。

やはり、流れというものはあるんだな~と思った。
何度もそれに逆らったところで、結局は運命の流れでそこに向かうという所があると思った。

だんなさんは家にいて欲しいと思っていたので、喜んでいるらしいが
自分自身戸惑っていると言っていた。

すごくその気持ちはよく分かる。
私も「働かざるもの食うべからず」という教えの元、ずっと働いてきた人間だ。
高校の時からお小遣いは自分でバイトして稼いでいたし、
若かりし日には失敗して借金を作ってしまったが、それを返済する為に毎日働いたし、
その後も一人暮らしが長かった事もあり、ずっと働いてきた。
もうやめたが、自分で場所を借りてサロンとスクールをしていて、その為の準備期間の時は
お金を貯める為に二つ掛け持ちで仕事をしつつ、非常勤講師として民間スクールで講師もしていた。
本当に働き尽くめの人生を20年ほどしてきたのだ。

今もカラーやアロマの仕事で依頼されたら、企業のイベントなどに行かせてもらったり、
契約して毎月行かせてもらっているカラーのお仕事もあったり、
一般には募集していないが、紹介や依頼があったら、各資格取得講座をしたり、
自分で作ったオリジナルのカラーセラピーを使って、カウンセリングなどもしている。

が、その仕事の日数は少なく、毎日ゆったりと過ごしている。

最初はそのゆったり過ごしている自分に、強い罪悪感を持っていた。
働かずに、自分だけこんなにゆっくりしていていいのだろうか?と常に思っていた。
そんな時にパートナーが
「理由がいるのであれば、僕の為に家にいてくれ。僕の為にゆったりとしていてくれ。」
と言ってくれて、とても気持ちは楽になったものの、最初はなかなか慣れなかった。

父親に「親なんだから、ちょっとは甘えろ。」と生前言われていたが、
甘える事が私は苦手で、なかなかできない。
だから、パートナーにもなかなか甘えれず、申し訳ないという気持ちの方が強かった。
働かない、お金を稼がない、役に立っていない自分を責めていたのだと思う。

でも、父親は亡くなる前に話をしていた時、
「いい家にはいい嫁がいる。いい母がいる。」
と近所で一度も働きに行かず、ずっと専業主婦をしているおばさんの話をしだした。
その家は、おじさんが弟さんの連帯保証人になっていて、持っていた土地を
借金のかたにほとんど売却してしまい、その後も随分お金の苦労をされた家だ。
男の子を生んで亡くなってしまった奥さんの後妻で来たのが、そのおばさんだった。

お父さん曰く
「今まで苦労が多かったけど、あの家は右肩あがりにどんどん良くなっていっている。
子供も独立して、きちんとした職につき、家も建て、孫も出来、家族皆の仲もいい。
あんなにお金に困っていた家とは思えないほど、経済的にも今は潤っている。
その要は、あのおばさんだ。
明るく、何があっても動じず、清い心のしっかりした嫁が家にどっしりいてくれると
子供もええように育つし、皆が仲良くその家はええように伸びる。」
のだそうだ。

それから、パートナーの彼も毎日私が家にいるようになって、夜寝る前に
「今日も一日ありがとう。」
と言うようになった。
仕事の途中でも、時間が空いた時に電話をしてきて話をするのだが、
それがとても彼にとっていいのだそうだ。

自分でも、忙しく働いていた時間より、この無駄と思うゆったりした時間の方が
振り返ってみると、とても意味のあるものだったり、有意義な時間だと思うようになり、
何もしない私、できない私、働いていない私、役に立ってない私を許せるようになり、
存在しているだけの私を許可できるようになった。

携帯電話でも、使う時と充電する時がある。
人間も、自分を表現するために、外にエネルギーを発する時と、
自分自身と向き合い、それこそ充電する内に向かう時がある。

動いて色んな出来事を体験している方が、進んでいると感じることも多いが、
色んな情報や知識を自分の中で消化吸収し、智慧にするまでには内へ向かう必要がある。
もしかしたら、その時間の方が進んでいることがあるのかもしれない。

立ち止まっている時は、周りに取り残されたような気持ちになったり、
全然進んでいないような不安な気持ちになることもあるだろう。

でもその立ち止まる時間は必要なのだ。
その時間こそが必要なのかもしれない。

昔の小学校の国語の教科書で、桜の草木染めの話で、冬に桜の落ち葉や幹で染めると
とてもきれいなピンク色に染まる。
春に私たちの目に見える桜の花は少しの期間だが、その随分前の冬から
枯れ木のように見える桜の木の中の見えない世界で、もうその準備が進んでいるのだ。
というような内容の文章があった。

段取り八分という言葉もあるが、一見無駄と思うことがとても重要であったり、
立ち止まって動いていないようでも、その間に自分の中で練ってできあがったものが
その後花開く事もあるのかもしれない。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 

スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<色の話(光編) | 色とこころとわたしの話 | 私が思う運気アップと夢を叶える方法>>
この記事のコメント
No title
「今日も一日ありがとう」と言葉にできるご主人様、素敵な方ですね。あたたかい気持ちになりました。

動かない時間、心の中では、生まれたばかりの自分の気持ちをそっと抱きあたため、みつめあい、語り合い、熟成させる時間なのかもしれませんね。

桜の枝のお話、以前読んだ志村ふくみさんという草木染の方のエッセー「一色一生」の中に描かれています。懐かしく思い出しました。ただ、ネットで調べてみると国語の教科書に採用されたのは、内容がよく似た村山由佳さんの「野生の風」という本の一節のようですね。
自分の中で、次の季節へむかって動き出そうとするもの。
大切にみつめながら、ゆっくりと芽吹きを待ちたいと思いました。 

ありがとうございます☆
2013-02-06 Wed 22:39 | URL | なずな #6x2ZnSGE [内容変更]
ありがとうございます
なずなさんへ

ありがとうございます。

彼は何もないと「今日も元気に生きててくれてありがとう。」なんて事も言ってくれるので(笑)本当にこちらこそありがたい人なんです。
でも事情があって結婚していないので、ご主人じゃないんですよ。
型より中身でいこう!と、こころのつながり重視で成り立っている関係なんです。

なずなさんは博識ですね~。
志村ふくみさんは初めてお名前を知りました。

他の事は覚えていないのに、小学校の授業のその桜の話だけは心に残っていて、今日このブログを書いていてふと思い出しました。
いいお話ですよね。

自然の中には真理がたくさん隠されていて、私たちに色々教えてくれます。
今ちょうど心の中で生まれて育んでいるものが、次の季節に芽を出し花を咲かすのかもしれません。
いい種をまき、いい芽をだしたいものです。

いつも読んでいただいてコメントありがとうございます。

tattovaa

2013-02-07 Thu 00:09 | URL | tattovaa #- [内容変更]
No title
tattovaa さん

間違えてしまい失礼しました。
文を読む力が足りませんでした。

「今日も元気に生きててくれてありがとう」
そんな素敵な言葉を、さりげなく口にすることのできる方が
そばにいてくださるなんて、とても、とても幸せなことですね。
あたたかい、言葉のおくすり、私の心にもしみました。

私の職場にも、一日の終わりに「今日もありがとうございました」と言って帰る方がいます。
その言葉を聞くと、あたたかい気持ちにつつまれてほっとします。

できれば、あたたかい色の言葉を、自分からもなにげなく相手に
わたせたらと思いました。

ありがとうございます☆
2013-02-07 Thu 23:05 | URL | なずな #6x2ZnSGE [内容変更]
素敵ですね
なずなさんへ

こちらこそ、失礼しました。
あの文章からは、結婚相手だと思ってしまって当然です。
私としては、結婚という形はとっていませんが、魂のつながりを感じる大切な人です。

小さい時から、自分は○が欠けた存在で、○になるためのそのもう片割れを探しに来たという感覚がずっとあったんですが、その片割れが彼だと思っています。
初めて会った時に、お互い「あっ見つけた」と思ったんですよ(笑)

「ありがとう」っていい言葉ですよね。
日本人は「すみません」ってすぐ言ってしまうけど、それを「ありがとう」に変えたら、温かい気持ちに変わる気がします。

その仕事場の方は、とても素敵ですね。

いつも思いますが、なずなさんは表現方法の言葉の使い方がとても美しくはっとさせられます。

あたたかい言葉を渡し、そして受け取れたら幸せですね。

今日もありがとうございました。(笑)

tattovaa




2013-02-08 Fri 09:40 | URL | tattovaa #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |