FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
緑色の話(part3)
緑と聞くとイメージするのはやはり「自然」だと思います。
自然の森や山に行くと、心がなごみ、くつろぎます。

「リラックス」させてくれる色が、「グリーン」です。

やりたいことが多いから・・・
仕事が忙しいから・・・
皆と遊びたいから・・・

ついつい体の声を無視して、暴走してしまいますが、
疲れたら休むこと。
眠かったら眠ること。

当たり前のような事ですが、これはとても大事な事です。

自分を休ませてあげれるのは、自分しかいません。

また「リフレッシュ」させてくれる色も「グリーン」です。
いつも頭ばかりで考える事が多くて、頭でっかりの状態が多い現代人。
そんな状態でリラックスしようとしても、なかなかうまくいきません。

そんな時には、体を使えば解放できます。
例えば、散歩したり、掃除したり、スポーツクラブに行ったり・・・
体を使った後にゆっくり休めば、心も体もリフレッシュします。

「グリーン」は自分の落ち着くスペースや、時間を取ることの必要性を教えてくれます。
そこで自分を見つめ直し、十分休息して、自分を喜ぶことをしてあげましょう。

また自然は春夏秋冬、どんどん変わります。
「グリーン」もその変化を教えてくれます。
あまり好きではない色だけど、グリーンが目に付く場合は、
「ターニングポイント」に今自分が立っているのかもしれません。

その時には俯瞰して自分を見ましょう。
自分のことは主観的になってしまいます。
その中には、自分の思考や感情といったマインドが一緒くたになっています。

客観的に自分を見ることができたら、ぐちゃぐちゃした感情や条件付けに
振り回されずにすみます。

客観的に、自分とマインドを切り離す事ができたら「自由」になれます
その「自由」な状態で「そっか。私ってこうなんだ~」と俯瞰から見る事ができたら、
きっと色んな気づきも生まれ、自分の真実や進むべき方向が見えてくるはず。

「グリーン」は真実の色。
真実はハート、自分の心の中にあります。

考え、悩み、無理やり出した決断は、どこか無理やひずみがあったりします。

物事はシンプルなものです。
それを複雑にしているのは、自分のマインドです。

「したいか、したくないか」
「本当は・・・・でも・・・・」

したいのが本心で、何か決断で迷うようなら、あまり気が進まない証拠でしょうし、
本当は・・・が本心で、でも・・・が複雑にしているマインドなのでしょう。

今決断できないものは、そのタイミングで決断しない方がいい場合もあります。
「答えを出さなければいけない」
「決断しなければいけない」
と思うと、間違った方向へ焦っていく危険性もあります。

「俯瞰」から見て「遊び」と「ゆるみ」をもって、余裕を持って自分を見つめなおしましょう。
そして「本当は・・・」を大切にすると、自分の真実を生きる選択ができるのだと思います。


「ハート」で感じる事を大切に、心の声を無視しない事は
自然体で自分らしく生きる、自分の真実を生きる第一歩なのでしょう。

さぁ、ハートで感じることを始めましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます  
スポンサーサイト



別窓 | 緑:GREEN | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自分らしさの話 | 色とこころとわたしの話 | 伊勢神宮の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |