FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
グレーが好きな人と嫌いな人の話
<グレーが好きな人>

組織とかシステムが大切だと考えています。

人と人のふれあいには、表面的にはソフトに親切にしながら、
親しくなりすぎないのがちょうどよいと思って、そのように行動をしています。

感情がはじめにあるのではなく、必要か必要でないかが先に判断の基準になります。

知的であること、数字や金銭をきちっと管理できることにおいて、
自分はすぐれた能力をもっていると自負しています。

計画とか算定とか分析、作表が大好きです。

<グレーが嫌いな人>

冷たい人や冷たいものが嫌いな人です。

何事にも無関心でいる人に対して腹立たしくなり、情熱のない、
すべてのかかわりを放棄したような態度を許せないと思っているでしょう。

機械が苦手で、コンピューターはイヤだと逃げ出すタイプです。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。

色と言っても、グレーは無彩色といって、彩りのない色というカテゴリに属します。
白と黒を混ぜた色で、グレーといっても範囲も広く、来いグレーや薄いグレーなどあります。

あまりグレーが好きとか、嫌いという人は少ないかもしれません。
他の色ともあわせやすいので、特に秋冬は洋服によく用いられたりします。
私も白は汚れやすいし、黒は猫を飼っていて毛がつくと目立つので、
トップスはあまり着ないですが、ボトムのパンツやスカートにグレーを着ます。

グレーの色彩心理的に説明させてもらうと、
目立ちたくないときに着ると一番いいと言われるのがグレーです。

また、スチールのグレーはやる気を失くす色と言われているそうです。
会社や学校のロッカーや机などによく使われていましたよね。
最近でもまだ使われている事も多いですが、他の色を使う方が
色彩心理的には、仕事の能力アップ、やる気アップにつながるんでしょうね。

グレーには安全、無難、用心というキーワードがあります。

用心深い反面、そのための妥協も多くなったり、
安全の為に、曖昧になる傾向を持っていたりします。

平穏と無事をいつも望んでいるのです。

グレーが最近気になるという人は、ストレスや緊張状態にある可能性があります。
また音に対してうるさいと感じていることもあるかもしれません。

心身ともに雑音に悩まされているのかも・・・

理想にあてはめようとするので、
自分に必要なものをはっきりさせる時期だったり、
笑う・遊ぶ・楽しむ・など明るくなる時期を表していたりします。

よければ参考にしてください。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
別窓 | その他の色:OTHER COLOR | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
茶色が好きな人と嫌いな人
<茶色が好きな人>

物質的な豊かさと肉体的な健康、社会的な地位をみんな手に入れたいと思っています。
すでにある財産や地位、学歴、家柄には満足し、誇りに思っています。
そしてそれらを手放したくないと考えています。

人生においても、ドキドキワクワクするようなことがなくても、
明日のお金や食料の心配がないほうが重要だと考えています。

自分は能力が高く、立派な人物であるから、本当はもっと高く評価されても
よさそうなものだと考えることもしばしばです。

人生はそんな夢物語のようにはいかないから堅実に生きるのが一番と思っています。

<茶色が嫌いな人>

金や物や地位に対して欲深い人が嫌いです。

自分は、もっと精神的な幸福を求めたいと考えています。

精神的に歳をとることがイヤで、老人のようにものぐさで無気力になるのは
ごめんだと思っています。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。

茶色は大地の色でもあり、ナチュラルな色で、
やはり地に足をおろすという感覚からか、安定というイメージもあります。

素朴で謙虚、温かい心があり、頼りになり、金銭感覚がとても堅実で
衝動性が少ないので、信用できる所がある反面、
頑固でシャイ、融通が利かず表現が苦手なところもあります。

茶色が好きな人は、いまの人工的で虚飾のある世界を、行きにくいと感じている人もいます。

また、元々茶色がそんなに好きな色ではないのに、
最近気がつけばよく身に着けていたり、インテリアに使っていたり、
茶色にひかれるという人は・・・

自分らしさを生かす時期が到来していて、
「自己認知や自己表現が必要ですよ」というメッセージを、
あなたに茶色が発していることもあります。

どんどん、世界は虚飾に彩られた時代から、本物になるしかないという方向へ
向いていますから、もしかしたら気になる人も多いのかもしれません。

昔に比べ、インテリア家具もスチールのものやモノトーンなどから
木目のものが人気のような気がしますが、木も茶色ですよね~。

よければ参考にしてください。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます

別窓 | その他の色:OTHER COLOR | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
白色が好きな人と嫌いな人
<白色が好きな人>

明るくて素直で正直な人です。

精神的な徳のようなものが、この世で大切なものと考えています。

ずるいこと、悪賢い事が大嫌いで、不正を憎む気持ちが強い人です。
神仏や尊敬できる人物によって心の平和を得て、清く正しく生きたいと思っています。

命令には従った方がいい、決まりは守るべきだと基本的には思っていますが、
表面的にはおだやかで、普通の人に見えます。

人の優しさや正直さにふれると弱い人です。

<白色が嫌いな人>

何か、どうしても人に言えないような秘密をかかえて、それが心の傷になっています。

人と会うのが恐く、この世に希望など何もないと思っています。

精神的に異常をきたしている場合もあります。

・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

白色・・・ある意味、私がカラーの世界に入るきっかけになった色です。

白というかクリアという色のない透明なボトルを選んだことがきっかけで、
その色の意味が、あまりにその時の私にドンピシャで、
「色ってすごい!おもしろい!」と
すぐに、講座の申し込みをしたんですよ~(笑)

その時の私の状態は、両親を亡くし、深い哀しみをまだ開放できず、
それまでに勤めていた仕事も辞め、次の仕事も決めてもなく、探してもなく、
でも今までは両親の付き添いなどで、一切自分の時間がなかったのが、急に一気にできて、
「さぁ。これからどうやって生きていこうか」と思いながら、知人に誘われ、
アロマセラピーを習いに行った時に、カラーセラピーをしてこの白色を選びました。

両親の死までは唯物的だった私が、両親の死を目の当たりにして、精神というものや
魂、心について興味を持ち始めていて、子供の頃の感覚にも似た純粋な気持ちを
取り戻していた時期でもあり、今までの生活をすっかりなくしてしまったものの、
これからのビジョンも一切が不透明な状態でした。

まさにこれが白色の意味だったりするのですが、
もっと分かりやすく説明すると、
「白色やクリアな透明なもの(クリスタルや水晶など)が最近妙に気になるという人」は、

純粋なものを求めていたり・・・
今開放できない気持ちを抱いていたり・・・
流しきれていないたまった涙を流して過去との決別をする時だったり・・・

自分を大切にして、本来の自分と出会う時期だったり・・・

自分に自信を持つ時期・・・自分の為に時間をとって形にする時だったり・・・

ビジョンが不透明で見つけれないときだったり・・・

するのかもしれません。

真珠も苦しみの中から、あの美しい真珠ができあがるように、
苦しみから素晴らしく純粋で美しいものが出来上がる事があります。

ビジョンがみつけれない人は、自分にとって美しいと思うものと触れると
気付きや、自分の中に開放できなかったものが開放できたりする事もあります。

あなたの中の純粋さや神聖さが、あなたを通して現れるとき、
浄化が必要な時もありますが、それを終えた時、本当の自分と出会えるのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
別窓 | その他の色:OTHER COLOR | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 色とこころとわたしの話 |